持分会社

合同会社が持分会社であることの意味とは

持分会社合同会社は、合資会社や合名会社と同じように持分会社として分類されます。これが4つの会社組織の中で株式会社とは異なる点です。多くの人は会社というと株式会社をイメージするようですが、どちらかというと株式会社が少し異なったもので、ほかは同じ概念に基づいて作られていると考えられます。そもそも、「持分」とはどういったものなのでしょうか。分かりやすく言うと所有権のことを指します。違いを明確にするために、持分会社ではない株式会社と比較します。

株式会社は、経営を行う取締役という立場の人と、出資者である株主という立場の人がいます。例えば証券会社に口座を開設して株式を買えば、その人は株主となることができるのです。株主は株式会社の所有者だと言えるでしょう。所有者、つまりオーナーですから、会社に利益が発生すれば、それを自分のものとすることができます。利益をすべて株主のものにしてしまうと、会社の規模の拡大のために必要な資金がなくなりますから、通常は利益の一部を株主に還元するという形をとります。これが配当金と呼ばれるものです。株主は取締役を選任する権利がありますから、間接的には経営に関与していると考えることもできますが、直接的に経営を行っているのは取締役です。日々の業務については取締役が行うか、あるいは取締役が経営方針を決めてそれを従業員が行いますから、直接的に経営をするのは取締役だと言えるでしょう。このように、株式会社は出資者である株主と経営を行う取締役が別の立場として用意されています。合同会社を含めた持分会社はそうではなくて、出資者と経営者が同じです。この立場の人を社員と呼びます。雇われているという意味の社員という言葉とは意味が異なりますから注意が必要です。社員は出資者ですから、合同会社を設立するときにはキャッシュや現物を出資することが必要とされます。それとともに、会社の経営を行うことになりますから、例えば合同会社が何らかの意思決定行うときに関与します。その権利が持分であり、利益を分配してもらうことのできる権利が持分とも言えるでしょう。

合同会社は持分会社ですから、原則として設立の時には出資をして設立後は経営に関与しますから、何らかの業務を行うことになります。合資会社や合名会社との違いは責任の点で、合資会社や合名会社は会社の債務に関しても責任を負う無限責任会社ですが、合同会社は出資した金額の範囲で責任を負う有限会社です。