自由度と責任

合同会社の特徴は自由度と責任

自由度と責任いろいろな会社組織のなかで、最も新しく定められた会社組織の種類が合同会社です。これは海外でのLCCを日本に導入したもので、会社設立をしやすくするための制度だとも言えるでしょう。従来からあった株式会社や、あるいは合資会社や合名会社などの持分会社と比較してみると、その特徴はよく分かります。その特徴は、自由度が非常に高いことと、有限責任であることが挙げられます。

大企業は会社組織として株式会社を選んでいることが多いです。その理由は、ルールが厳密に定められているからです。株式会社は出資者である株主がいるとともに、経営者である取締役がいて、それらの利益が相反することもあります。例えば、取締役に対して成功報酬を採用していた場合、株主の利益を度外視してリスクの高い経営方針をとる可能性があるでしょう。また、株主が不特定多数になるような上場企業であれば、株主同士の間で利害の相反が起こる可能性もあります。このような状況になったときでも、事前にルールが明確になっていれば問題はないでしょう。例えば保有する株数に応じて議決権を得られるというルールがありますから、出資するべきなのかどうかの判断はしやすいです。このように、株式会社は利害関係者が多いためにルールを厳格に定める必要があるのですが、逆にそれが自由度を失わせていますし、経営のコストを増大させています。合同会社では、このようなデメリットが改善されていて、自由道が高く、コスト面でも優れています。自由度が高いことがデメリットにつながるというわけではありません。自由度が高いですから、株式会社ではできない制度設計をすることもできますし、株式会社並みに厳しいルールを定款によって定めることもできます。また、厳しいルールを定めなければコストの負担も小さくなりますから、この点でも合同会社は優れています。それとともに、会社の責任については株式会社とおなじ有限責任会社です。合資会社や合同会社のように無限責任でないことは、メリットとして非常に大きいものだと考えられます。

合同会社は、規模の小さい会社のためのものだというイメージを持っている人も多いようですが、それは必ずしも正しくはありません。規模の大きい企業でも、組織のシンプルさから合同会社を選んでいることもあります。会社組織をどれにしようか迷ったときには、その特徴をきちんと理解しておくことは必要なことの一つだと考えられます。